泡色の硝子達(沖縄旅行4日目)

IMG_1439_tn.jpg沖縄も4日目。明日は朝から移動になるので、沖縄を堪能出来るのは今日で最後です。お天気はこれまた素晴らしい快晴で、昨日と同様、きらめく太陽と真っ青な海と空。
台風19号が沖縄に近づいて来てるらしいのだけど、来るのは今度の土日らしいので、全然問題なし。出発の時も台風17号が関東に近づいて来てたけど、その影響も受けずにすんだ。17号の場合は、出発が翌日だったら思いっきり影響を受けてた可能性があったけど、実は元々はその影響を受けそうな日程で予定を考えようとしてた。結局一日前倒しになったんだけど、本当にラッキーだった。このシーズンの沖縄旅行となるとやはり気になるのは台風だから。そう言う意味ではツイてました。でも色々上り坂関係で無駄な体力使ってるけど・・・。


それで、今日はまずグラスボートと言うものに挑戦してみました。これは小さなお船でプカプカとお魚のいるエリアまで出て行き、お魚の鑑賞をするもの。船底がガラス板になってて、海の中身が覗ける仕掛け。そんでお魚を鑑賞するのですが。
思ったより、魚が少なかったなぁ。ニモことカクレクマノミとかもいたけど。それと綺麗な海とは言っても、すこーし濁ってる感じがあってちょっと見えにくいのもあった(モルジブの海と比較するとだけどね)。でも十分に綺麗で透明だけど。それに珊瑚礁が結構死んじゃってるらしく(白くなってしまってる)、見てて寂しい気がした。エルニーニョ現象が影響してるらしいけど。後は思ったより船が揺れる揺れる。これでも昨日に比べれば波は穏やかなようなんですが、結構揺れてましたねぇ。船降りた直後、三半器官が影響受けてるのか、すこし歩行が千鳥足になってしまった。
その後、ホテルの隣にある、硝子工芸品店にぶらりと言ってみました。手作りの味がよく出てる味わい深いものが多かった。中々綺麗でした。特に特徴のある泡硝子(気泡が入った状態になっている)が綺麗。硝子の純粋な透明感に泡が散りばめられ複雑で美しい模様を醸し出していて、より一層の透明感と言うか立体感を生み出していて、中々に印象に残るものでした。そんな訳で2つ藍色と水色の泡硝子のぐい呑みを購入。ここは硝子作品作りの体験も出来るよう。今回はチャレンジしなかったけど。
そして、午後からは昨日と同じようにビーチへ。ゴーグルはめて、ひたすら海の中を見ながら浮遊〜。これは本当に気持ちよい。時々お魚さんが泳いでいておかっけてみたり、観察したり。そんなんであっという間に時間は過ぎて行った。でもとても充実した時間でした(ぼーっと浮遊してるだけなので充実はしてないんだけど、気持ち的には)。
しかし、午後ずっとビーチにいたので、日焼け状態は悲惨。今も肩と首はヒリヒリしてる。しばらくシャワーを浴びるのも大変でしょう。
そんなこんなで今日もあっという間に時間は過ぎ去ってしまった。夕食は折角だからソーキソバでも食べようと思ってレストランに入ったら、「うな重」と言うのが目に入り(うなぎ好きなのです)、沖縄にいるにも関わらず、うな重食べちゃいました。結局特に何の特徴もないうな重で、ちと失敗。。
さてさて、明日はいよいよ帰路に着きます。あっという間に過ぎた4日間だけど(まぁそんなもんだいね。)とても充実してたし、楽しかった〜。また来るでしょうきっと。

3 Replies to “泡色の硝子達(沖縄旅行4日目)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です