アップルとシスコ、iPhoneの商標について和解

アップルとシスコが、iPhoneの商標使用について、合意に至ったそうだ。
アップルの衝撃的なiPhoneの発表前から、水面下で商標についての交渉を行ってた両社だが、アップルは待ちきれずに、合意前にiPhoneを発表し、シスコは即座にアップルを訴えた
しかし、その後も両社は交渉を続け、合意に至った模様だ。
かねてから、シスコが提案してきた、セキュリティや個人および企業向けの通信機器といった分野を対象に、双方の製品に相互運用性をもたせることについても、条件に含まれているようだ。


具体的にどのように協業していくのかは、明らかにされてないが、今回の合意は、シスコにとっては大きなメリットだろう。
シスコも新たな市場開拓としてコンシューマー市場に力を入れたいと考えており、そのパートナーとしてアップルは大きな影響力を持つのは間違いないだろうし。逆にアップルにとっては止む無しと言うとこなのか(元々こう言う関係はアップルは嫌うはずだし)、それとも何か大きな利点を見出してるのかよく分からないけど。

2 Replies to “アップルとシスコ、iPhoneの商標について和解”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です