Adobe GoLive 9 がさりげなくリリース

golive9.jpg
ふと気が付くと、Goliveのニューバージョンがリリースされていた。
まさか、CS3シリーズより先だとは・・。
アドビと、マクロメディアが合併して、真っ先に気になったのは、Goliveの行く末。
シェアとしては、マクロメディアのDreamweaverの方が全然上だったので、普通に考えれば、消えてしまう運命にあるGolive。
案の上、アドビのクリエイティブ・スイート・シリーズの新バージョンCS3では、webオーサリングツールは、当然のように、Goliveから、Dreamweaverに切り替えられていた。
そして、Goliveはと言うと、CSシリーズからは外れたが、単体パッケージで、アップデートされていくらしい。


と言う話は、知っていたが、気が付くと、新バージョンGolive9がリリースされていた。
しかし、その販売形態は、アドビストアでのダウンロード販売のみで、パッケージ販売はなし、
しかもアドビのサイトの至る所で、Dreamweaverへの移行を推奨する文言が・・・。
更に、DreamweaverCS3には、Goliveのサイト、コンポーネントなどの移行ツールが装備されるらしい。
しょうはないんだけど・・・。思い入れの深いツールだっただけに、複雑。Golive社がアドビに吸収されてからは、バグだらけのツールだったけど・・。
慣れてると、一番使い勝手が良かったのは事実。
そんで、Golive9の評判だけど、う〜ん・・、相変わらず、新バージョンが出るたびそうだけど、動作は重いは、バグは多いはの状態のようだ。
いつもだとアップデータを待ちましょうなんだけど、今回はちゃんと出んのかな。
やはり、Dreamweaverに切り替えるか。でもあのインタフェースがどうも好きじゃないんだよね。CS3で幾分変わってるのかも知れないけど。
しかもDreamweaver、高いよなぁ。

“Adobe GoLive 9 がさりげなくリリース” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です