iVolume2は2回アジャストを

iVolume2Icon.jpgiTunes & iPodのヘビーユーザーの皆さん。曲ライブラリが充実してくると、曲の音量がバラバラだったりで、気になったりしませんか?気になるよねぇ。
以前から、音量のばらつきは気になってたんだけど、ここ最近特に気になるようになってきた。一度気になると、もうずっと気になるB型気質がわざわいして、気になってしょうがない。
iTunesには元々、音量の調整機能があるんだけど精度は今ひとつで、しかもいつかのタイミングで、調整ターゲットの音量を小さくしたようで(多分、iPodが難聴の原因となるとか騒がれた頃からのような気がする)昔ライブラリに追加した曲に比べて、最近追加した曲は明らかに音量が小さく調整されるような感じだ。
お陰で、昔追加した曲は音量が大きく、最近追加した曲は音量が小さくで、余計にチグハグ感が出てしまい、何の為の調整機能かって感じ。かと言って、調整を外すと、やっぱり音量チグハグで、イライライライラ・・・。
そんな訳で、もっとナイスなツールはないものかと探して見ると・・・、色々ありました。
で、その中で良さげだったのが「iVolume」と言うやつ(ただし、mac版オンリーです。)


iVolumeの最新バージョンは、2.0.2。
バージョン1の頃は、音量調整はiTunesのオプションの音量調整スライダーを使う方式だったようだが、バージョン2からは変更となってて、iTunesの自動調整機能と同じ方式を使ってるようで、曲ファイルのタグ情報とかに直接調整音量データを書き込む仕様になってるようだ。書き込むと言っても、バックアップ機能がちゃんとあるので、元の調整データ(初期値はiTunesが自動調整したデータ)に戻す事が出来る。
そんな訳で、早速、ダウンロードして試してみる。シェアウェア(ちなみに15ドル)の為、キー購入前だと一度に10曲までしかアジャスト出来ない制限があるんだけど、評価としては十分。
使い方は至って簡単で
・iTunesで「環境設定」→「再生」→「サウンドチェック」をONにする。(自動調整機能を有効にする)
・調整したい曲をiTunes上で選択した状態で、iVolumeの「adjust」ボタンを押す。
・調整が開始される。
と言った感じだ。
iVolumePanel.jpg

そしてiTunesで再生。う〜ん見事に音量が合った感じだ。こいつは使えそうだ〜。
そして、今度はiPodに転送。期待満々で再生してみる。
と・こ・ろ・が・・・・
どう聞いても、音量が合っていない。前と変わらない状態だー。一体これはどういう事なのか。iTunesとiPodは音量調整に差異があって、iTunesで合ってても、iPodではダメ(iPodのバグと言う噂だけど)と言う事があるとどっかで聞いた気はするけど、まさかそう言う事??
これじゃ喜び半減。と言うか、音量気になるのはやっぱりiPodの方なので、全然意味なしじゃないかぁ。
と憤慨しながら、色々いじってみる。もう1回リッピングし直しておまけにエンコードも変えたりとかして。そうすると、エンコし直しして、音量調整もやり直したら、iPodでも音量が合うようになった。そして気が付くと、何故だか、再エンコしてないはずの曲も音量が合うようになった曲が一部出て来た。
うん?これはエンコードし直しはしてないはずだけど、何やったっけ?って考えてみると、iVolumeの音量調整を再度やった曲。
そう言う事?どう言う事?とか思いながら、他の曲とかもiVolumeで再調整をしてみる。そんでもってiPodで再生。・・・見事に音量が合った。
ちょっと仕様はよく分からないけど、iTunesとiPodでは音量調整データの参照箇所が異なるのかも知れない。
特にiTunesの音量調整の仕様がバージョン毎に色々変えてきてる可能性はあるので、現在のiTunesの音量調整データの書き込み場所と私のiPodの音量調整データ参照箇所が異なる可能性はある。ちなみに私のiPodは2世代目のもの。もう随分古いやつだ。
それで、iTuensの音量調整の仕様が、過去の調整仕様変更の影響を吸収する為に、前の調整データも曲データに残す仕様となっていて、iVolumeも前回の調整データを保持している仕組みになっているので、前回データをそこから参照したり書き込んだりしている仕様だとした場合、更にiPodはその前のデータを参照する仕様となってたりすると、2回アジャストする事によってiPod上で音量が合うのも何となく説明がつく気がする。

と、難しい事考えても、原因が分からないが、とにかく、iPodでも音量合わせるのは、2回アジャストをかければOKと分かった。
と言う事で、キー購入して全曲音量調整。これ猛烈に時間かかる。
私のライブラリは1万曲以上あって、環境はPowerMacG4、1GHzデュアル。この条件だと1時間で200曲行かないくらいで、比較的四六時中処理しっぱなしで3,4日かかりました。。(まあ処理自体は他の操作やってても出来ますので、効率は落ちてると思うけど)。
ちなみに2回目のアジャストは、iVolumeの方でキャッシュを持ってるのですぐに終わる。(キャッシュのデータで問題なし。前回調整データの箇所にも同じ調整音量データを入れるのが目的なので)
そして、iPodに曲転送。そして再生。そして、思惑通り、音量が見事にぴったりと合った!!
しかし、音量が合ってるとこんなに気持ちいいものなのかぁって感じです。いや〜快適♪
もう手放せない。
尚、これはあくまでも2世代目のiPodの話。3世代目以降はまた仕様が異なるかも知れないので、事情は違うかも知れません。更に言うと、iTMSで購入した曲はプロテクトがかかってるので、iVolumeではアジャスト出来ません・・・。
iVolumeのサイト:
http://www.mani.de/en/software/macosx/ivolume/
AppleサイトのiVolume紹介:
http://www.apple.com/downloads/macosx/ipod_itunes/ivolume.html

2 Replies to “iVolume2は2回アジャストを”

  1. 自分も音量のことで随分イライラしました。
    環境はWinなので、ivolumeが使えないというのは残念ですが、私はMP3Gainというソフトで音量を調整しています。
    インポートする前にやらなければなりませんが、ほぼ均一の音量にそろいます。

  2. KTMさんコメントありがとうございました。
    音量が合ってないと本当に気になりだすと、堪え難くなりますよね。
    私もほぼぴったり合って気分すっきりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です